痛み(炎症)を抑える大事なホルモンとは?

こんにちは。

 

板橋区大山の整体『幸整骨院』です。

 

今回は炎症を抑える大事なホルモンについてお話させていただきます。

 

【炎症を抑える=症状が楽になる】ということです。

 

体から炎症を抑えるホルモンが出るのですが、特に代表的なのが副腎皮質ホルモンになります。

 

副腎皮質ホルモンと聞くとなんぞや?となる方も多いかと思いますが、一般的に副腎皮質ホルモン=ステロイドホルモンといいます。

 

ステロイドホルモンというとなじみ深いのではないでしょうか^^

 

ステロイドホルモン=炎症を抑えるホルモンとなります!!

 

副腎は腎臓の上にちょこんとついているとても大事な器官です。

副腎の働き!!

・炎症を抑える

・ストレスに負けないようにする

・集中力アップ    などなど

 

あげだしたらキリがないぐらい大事な働きがあります。

 

逆を言ってしまうと、副腎の働きが悪くなると、痛みが取れにくい、ストレスに負けてしまう、集中力がなくなるなどの症状が出ると言う事です!!!

 

副腎が疲れていてもハッキリとした自覚症状がなく気が付くことができないといった問題点もあります。

 

副腎をよくする食べ物

・たんぱく質

・ビタミンC

 

副腎を悪くする食べ物

・アルコール

・精製糖類

・カフェイン

 

などがあります。

 

ぜひ、治りが良くないなどありましたら副腎に良い生活をしてみて下さい。

 

幸整骨院でした^^

変形性膝関節症について詳しくはこちら

変形性膝関節症

この記事に関する関連記事

幸整骨院

〒173-0024東京都板橋区大山金井町52-6 1F