朝起きられるようになってきました!!

こんにちは。

板橋区大山駅から徒歩3分の幸整骨院です。

 

近年確実に増えているであろう、起立性調整障害と診断される方。

 

この診断名がつくのはほぼ子供ですが、最近このように診断され

来院される方が、当院でも多いです。

 

小学生、中学生が多く、もちろん高校生も来院されます。

 

病院では、血圧をあげる薬などを処方されるが、なかなか改善がみられないですとのことです。

 

起立性調整障害の基本的な症状としては、

 

☑朝起きられない

☑元気が出ない

☑頭痛

☑腹痛

☑全身倦怠感

 

なとがみられます。

親御さんへ

昔から、学生の中には朝起きられなくて、無理やり起こされて、登校していた

子って、クラスに何人かいませんでしたか?

 

そのイメージがあり、自分の子供は気合が足りないのではないかとか、

 

学校に行くのがめんどくさいから、起きないのではないのかと、

 

思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

あまりに起きないから、ネットで検索して、この病気っぽいと思い

病院に行ったら、起立性調整障害と診断されたと

いう方多いのではないでしょうか?

 

診断され、薬飲んだらなんとかなるだろうと思ったが、思ったより

改善しないし…どうしたらいいのだろうと途方に暮れていませんか?

 

お父さんお母さんも仕事があったり、家事があったりと大変で、

その上子供がよくわからない症状になって、辛い状況になっていませんか?

もちろんお父さんお母さんも辛いと思いますは、一番辛いのは

お子さん自身です。

 

そして、そのお子さんを助けてあげられるは、

お父さんお母さんだけです。

 

起立性調整障害の方の体の状態

よく、自律神経の説明をする時に、車に例えられます。

アクセルが、交感神経で、ブレーキが副交感神経です。

 

なので、症状のあるかたは、アクセルがなかなかうまく使えてない

ので、バランスよくアクセルも、ブレーキも踏めるようにならないと、

車は上手に走りません。

 

あと、車が走るのに欠かせないのが、ガソリンです。

 

いくら車体を整備して、完璧にしても、ガソリンが無ければ、

車は走りません。

 

この車でいうと、車体整備とガソリンが足りない状態が、

起立性調整障害と診断された方の体の状態です。

 

 

当院のアプローチ

当院としましては、車体=体なので、

それに対しては、整体を行います。

特に痛いことはしないので、安心してください。

体が歪んでて、血液の流れが悪いと、体は動いてくれません。

血液は、栄養やホルモンを運んでくれるとても大事なものです。

これがしっかり全身に流れるようにします。

 

次はガソリンの問題です。

ガソリン=食べ物です。

 

食事ですね。

 

これは、当院で食事を提供するわけではないので、

家で実行していただきます。子供の場合は、お父さんお母さんが

頑張っていただくところです。

成長期の子供は思っている以上に栄養が必要です。

食事の詳しい内容は問診のときなどにお話しさせて頂きます。

 

この2つのアプローチで、症状を改善に導いていきます。

 

お悩みの方は、是非当院にご相談ください!!