血液の働きと血液の流れ

こんにちは。

板橋区大山駅徒歩3分の幸整骨院です。

 

今回は『血液の働きと血液の流れ』について書かせていただきます。

 

血液は体重の13分の1と言われており心臓から常に全身に循環し続けています。

 

酸素や二酸化炭素を運ぶ赤血球

侵入してきた異物に対抗する白血球

血液を凝固させる血小板です。

 

 

血液の多くは水分で他にタンパク質、ブドウ糖、塩分、カルシウムなどが含まれています。

血液の割合でも多くをしめる水分が普段から取れていないと血液の流れというのはなかなかいい方向に向きにくくなってしまいます。

 

身体全身に送り続けられている血液ですが流れを悪くしてしまう2つの原因があります。

1つは

運動不足

2つ目は

乱れた食生活です。

どちらかが欠けてしまうだけでも血液の流れは悪くなってしまいます。

それと共に血液の質も悪くなってしまいます。

 

コロナウイルスの影響で行動に制限が出やすくなっていますがお家でもラジオ体操や簡単な筋肉トレーニングはできますし食生活もバランスよく栄養を摂ることも出来ると思います。

これからも元気でいるために

・血液の流れ

・血液の質

が良くなるように行動してみて下さいね!

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事

幸整骨院

〒173-0024東京都板橋区大山金井町52-6 1F