ジムで運動しているのに坐骨神経痛になった…なんで?

こんにちは。

 

板橋区大山の整体『幸整骨院』です。

 

今回のクライアントさんは、70代の女性。

 

3年前に膝が痛くなり、病院で筋肉をつけるようにと言われたのがきっかけでスポーツジムに通うようになりました。

 

ジムに通うようになってから体調はよくなったみたいです。

 

ですが今年の1月から急に坐骨神経痛になり、本人の思い当たる節や病院にも行ったが原因はわかりませんでした。

 

病院では赤外線で温めていたみたいです。温めていると楽になるとのことで、最初のころよりは症状も楽とのことでしたが、朝起きてからの痛みが取れないと当院に来院されました。

 

また、ご本人は腰痛にもなったことがなければ、坐骨神経痛も初めてのことだったもいたいで、なんでジムで運動をしているのに痛くなるのか疑問がある様子でした。

 

当院にはよく運動やヨガなどで痛めて来院される方が多くいます。

 

運動はとても身体にはいいことで血流も良くなります。ただ一定のラインを超えると血流が悪くなり身体の負担にもなってしまうのです。

 

そのラインは人それぞれ違うため、ここまでとは言いにくいですが、そこまで激しい運動でなくても起こりうることがございます。

 

検査をしてみると、両ひざの動きも悪く、体調は良くなったが痛みは治っていないとのことでした。

 

その膝の痛みも坐骨神経痛とは無関係ではないので、しっかり治さないといけないことも伝えました。

 

施術は左右のバランス、ゆがみを整えることで血流が良くなる施術をしました。

 

施術後は違和感や痛みが消え、喜んでいただけましたが、朝起きた時が改善されているといいなと思います。

 

結果が楽しみです^^

 

当院の施術はやさしい弱い刺激がメインのため、今施術してるんですか?など少し驚かれておりました。

 

また、テレビの健康体操などでも身体を痛めてしまう方も多くいらっしゃいます。

 

運動自体はとてもいいことなのでくれぐれも痛めないよう注意して行って下さい^^

 

幸整骨院でした。

 

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事

幸整骨院

〒173-0024東京都板橋区大山金井町52-6 1F