癖は癖だから気づかない

こんにちは。

板橋区大山駅徒歩3分の『幸整骨院』です。

本日もブログを読んでいただきありがとうございます。

 

本日は癖について書かせていただきたいと思います。

 

突然ですがあなたの癖はなんですか?

 

 

自分の癖に気づいていないという方は多いと思います。

もしかしたら気付いてはいるけど無意識に行っているかもということありませんか?

その癖が身体に良ければいいですが……

そうでなければその行動が痛みを引き起こしているかもしれません・・・

 

その癖がなくなるだけでも身体がよくなった方を多くみてきました。

癖の中でも多くの方が癖になりなおしたほうがいい癖を書かせていただきます。

自分に当てはまるかもという方はぜひ意識してやめてくださいね。

 

・片足だけ足を組む回数が多い

→身体の歪みを引き起こしやすいです。出来るだけ組まないようにしましょう。もし組んでしまっていたら反対も組むようにしましょう。

・肩や腰が凝るから自分で叩いたり揉んだりする

→自分で叩いたり揉んだりすると体は余計硬くなります。その場は気持ちよくても身体は変わっていないのでさする程度にしましょう。温めて血流をよくしたほうが身体は喜びます。

・気付いたらお菓子コーナーにいる気づいたらお菓子コーナーでお菓子選んでませんか?あるあるですよね(;_:)お菓子=糖質は血流を悪くし痛みを引き起こしやすくしますのでお腹がすいたらゆで卵やナッツなどに変えましょう!

・無意識にたばこに手が行く

・たばこは神経症状を長くしやすくします。また肺の調子を崩しやすくするため身体に必要な酸素の摂取に影響が出ます。できるだけ減らすようにしましょう。

 

以上が自分が無意識に行っている癖でした(^^)

まだまだあるとは思いますが上の4つの行動をしないようするだけでも身体は変わっていくとは思いませんか?

日頃から意識して行わないように気をつけてくださいね。

 

 

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事

幸整骨院

〒173-0024東京都板橋区大山金井町52-6 1F